Pocket

146913

黒酢に含まれる酢酸は、様々な物質に浸透し、剥離、融解する作用があるため、細胞やカビを殺菌する効果があります。

 

その作用は肌にも有効で、本来、外からの侵入物を防ぐためにバリアが張られている肌の間をすりぬけて入り込み、しつこいニキビや肌荒れ、水虫などにも威力を発揮します。

 

同時に角質化した肌をピーリングする作用もあるため、肌表面がつるつるになります。しかも、洗顔などによりアルカリに傾いた肌を、弱酸性にしてくれるため、肌自身の再生力が高まりニキビ跡なども滑らかに戻す作用があるのです。

 

さらに黒酢にはアミノ酸が豊富に含まれています。アミノ酸は体にとってなくてはならない、こと美容に関しても同じことが言えます。

 

肌に黒酢を使うと、肌表面が肌細胞と同じ「アミノ酸の膜」で守られるため、肌の乾燥を防ぐことができます。そのため肌の新陳代謝が促され、シミやシワ、くすみができにくくなるのです。

 

また、美容成分と呼ばれる「コラーゲン」は様々なアミノ酸からできていますが、アミノ酸はコラーゲンの分子の約3000分の1の大きさ。

 

酢酸の相乗効果も手伝い、黒酢は美容的有効成分を角質層に浸透させることができるのです。

Pocket