Pocket

248252

黒酢には体の免疫を上げる効果があると言われています。それは血液と関係しています。黒酢を習慣的にとっていると、赤血球が柔らかくなるため、血液がサラサラして血流が良くなります。

 

血行が良くなれば、体全体に酸素と栄養が運ばれるため、体の免疫力を発揮できる環境ができあがります。

 

さらに、血行がよくなることで「冷え性」が改善されるようになります。体温が適度に高いということは、基礎代謝が活発で免疫力が高いということです。

 

反対に、体が冷えている「低体温」の場合は、新陳代謝が悪く体内の酵素や腸内細菌の働きがうまくいかず、自律神経も乱れ便秘などの内臓障害が発生します。

 

そして、体温が35℃以下となると、ガン細胞が増殖するための適温となってしまうのです。しかも、体を温めるための「熱」は2~3割が肝臓でつくられているのですが、肝臓が働くために必要な栄養はアミノ酸です。

 

アミノ酸を豊富に含む黒酢は、体温を作り出す基本にもなっているのです。毎日、少しずつ黒酢をとり続けているだけで、血行も良くなって体はポカポカ、気持ちよく免疫力も上げられるのならば、こんなに簡単な健康法はありません。

 

生理機能の調整や、代謝の管理をするビタミンやミネラルの豊富な野菜と組み合わせれば、黒酢はよりいっそうパワーアップします。日頃から黒酢で免疫力を上げることを意識してみてください。

Pocket