Pocket

008008

動脈硬化とは、動脈壁にコレステロールやカルシウムなどが付着してプラークと呼ばれる病巣を形成し、動脈の弾性や柔軟性が失われて、血流が妨げられる状態をいいます。

 

血管の老化減少といわれるように、40歳以上のほとんどの人に見られるものです。遺伝的な素因に加え、肥満、運動不足、ストレス、喫煙などの生活習慣が深く関与しています。

 

体中のどの動脈にも起こる可能性がありますが、特に脳動脈、頸動脈、冠状動脈、腎動脈に起こりやすく、その部位によって症状も変わります。

 

予防は血管を健康に保つことにつきます。血中のコレルテロール値を下げ、血管を広く柔軟に保つために正しい食生活、適度な運動、禁煙を心がけることです。

 

動物性脂肪や糖分の多い食品、アルコールは控え、その分、植物性タンパク質を多く含む食品やキノコ類、野菜類を多く摂ります。

 

血管を健康に保つサプリメントも上手に利用するとよいでしょう。サバやイワシなどの青魚に含まれ、血液の凝固を抑える働きがあるIPA(EPA)、DHAと、

 

血液を改善するイチョウ葉エキスとの併用は効果をアップさせます。抗酸化作用のあるビタミンC、余分なコレステロールを吸着、排泄してくれる植物繊維もおすすめです。

 

Pocket